小論文の書き方 やりがちなミス16 連続する「しかし」

小論文の書き方 やりがちなミス16 連続する「しかし」

 

 

小論文の添削を通して、よくあるミスを紹介していきます。自分の小論文でやってしまっていないか確認してみましょう。

 

 

連続する「しかし」

文の途中で「しかし」を使うことはよくあります。適切に使用すれば、主張したいことを強調できる役立つ接続詞です。しかし、これを連続して使うとややこしくなってしまいます。

 

Aだ。しかし、Bだ。しかし、Cだ・・・

 

この場合、Aと読んで、「しかしBだ。」とあれば、BはAと対になるものだと考えられます。しかし、この後にも「しかし、Cだ」と続いてしまうと、BとCは対になることが分かっても、「A=C」なのかどうかが分からなくなります。

 

このような使い方をしている人は、大体においてAとCが大きく離れた内容となっています。大きく離れた内容になるのであれば、論理的に説明する必要があります。ところが、本人の中では繋がってしまっているので、伝わらない文になってしまうのです。

 

「しかし」が連続した場合は、説明しきれていない可能性が高いので、よく見直した方がよいでしょう。

 

 

よかったフォローお願いします!

学校関係

教育に関する問題を取り上げて、私の意見を述べています。

基本的なデータに基づく記事から、ニュースソースを元に意見を述べている場合もあります。

色々意見はあると思いますが、一つの考え方だと思ってお読みください。

次の記事

古典探究