小論文の書き方 やりがちなミス12 「たり」

小論文の書き方 やりがちなミス12 「たり」

 

 

小論文の添削を通して、よくあるミスを紹介していきます。自分の小論文でやってしまっていないか確認してみましょう。

 

 

たり

「たり」は繰り返しを表す言葉です。そのため「~たり、・・・たり」と2回使うのが基本です。1度だけの使用は多くの場合間違っていることが多いです。

 

「たり」が一度になってしまった場合の対処は2つあります。

 

1つ目は、「たり」を削除して、「て」や「そして」でつなぐことです。動作の順がある場合は、この方法で解決します。

 

2つ目は、もう一つの述語を「たり」に続く形に変えることです。こちらは、並列関係で表すことができますので、動作の順がない場合に使いましょう。

 

この方法でミスを回避できますので、ぜひ活用してください。

 

 

よかったフォローお願いします!

オンライン塾

オンライン塾をやっています。

「小論文」「小論文講座」「古文」「漢文」

現在展開中です。今後も随時更新していきます。

本サイトのメインです。どうぞご覧ください。