小論文の書き方 やりがちなミス⑥ 構成を考えない

小論文の書き方 やりがちなミス⑥ 構成を考えない

 

 

小論文の添削を通して、よくあるミスを紹介していきます。自分の小論文でやってしまっていないか確認してみましょう。

 

 

構成を考えない

小論文の添削をしていて、構成を考えていない文章というのはすぐに分かります。始めや終わりの部分がなかったり、話の展開でスタートとゴールが違う状況だったりします。

 

構成は一見時間がかかるように見えても、必ず作っておく必要があります。小論文の地図のような役割を持っていますから、必ず作成しましょう。基本的な構成は以下の通りです。

 

構成

はじめに・・・主張や考えを端的に述べる

 

理由・具体①

理由・具体②・・・800字程度なら3つ。本論に当たります。

理由・具体③

 

まとめ・・・理由・具体①~③を踏まえて、主張や考えを述べる

 

このようになります。「はじめに」と「おわりに」で主張が変わっていてはいけません。統一させます。

 

このように書くと、「はじめに」と「まとめ」を全く同じ文章にする人がいます。「まとめ」に関しては、理由・具体①~③の内容を踏まえて、より具体的に書かないといけませんので、全く同じ文章となることはありません。

 

構成は必ず書く前に作るようにしましょう。主張や理由が明確になっていればすぐに組み立てられます。逆に組み立てられないときは、どこかしらに弱点があるはずですので、考えを見直してみましょう。

 

参考例

サンプル添削①

 

 

よかったフォローお願いします!

オンライン塾

オンライン塾をやっています。

「小論文」「小論文講座」「古文」「漢文」

現在展開中です。今後も随時更新していきます。

本サイトのメインです。どうぞご覧ください。