小論文の書き方 やりがちなミス⑨ 誇張表現

小論文の書き方 やりがちなミス⑨ 誇張表現

 

 

小論文の添削を通して、よくあるミスを紹介していきます。自分の小論文でやってしまっていないか確認してみましょう。

 

 

誇張表現

小論文を書くとき、自分の考えや主張を強調したい気持ちが先立って、強調表現を多用してしまう人がいます。

 

強調表現はここぞという時に、使う分にはいいと思いますが、1度きりにしておいたほうが良いでしょう。(私は基本的に使わないことをおすすめします)

 

誇張表現の例を確認しておきましょう。

 

ノーマル → 誇張表現 → 誇張表現②

「~である」 → 「~のである」

「~だ」 → 「~のだ」 → 「~なのだ」

「しかし」 → 「だがしかし」

 

他にも副詞などを付けて強調する場合に気をつけたいもの。正しく使えば大丈夫ですが、強調のためだけに付けるとNG。

 

「まさしく」

「まさに」

「こそ」

 

表現として誇張になりやすいもの

 

「~といっても過言ではない」

 

 

以上の表現を2つ以上使っている場合は危険ですので、しっかりと見直しましょう。

よかったフォローお願いします!

学校関係

教育に関する問題を取り上げて、私の意見を述べています。

基本的なデータに基づく記事から、ニュースソースを元に意見を述べている場合もあります。

色々意見はあると思いますが、一つの考え方だと思ってお読みください。