高校に入学して伸びる子の特徴




高校に入学して伸びる子の特徴

 

majime
マジマナ

今回は高校に入学してから成績が伸びる生徒についてお話ししたいと思います。

majime
マジマナ

高校生のお子さんをお持ちの方は、本人に学校のことを任せてはみるものの不安になるのが、成績だと思います。

majime
マジマナ

高校入試を突破すると言うことは、どうしても順位が生まれてしまいます。そのため、上位層、下位層が生まれてしまいます。

majime
マジマナ

卒業できれば良いという場合は、欠点さえ気をつけておけば良いですが、金銭的な面からも、大学は国公立、成績優秀であって欲しいと願う人も多いと思います。

majime
マジマナ

そこで、高校に入学してから成績が伸びる層の特徴についてお話しします。お子さんが当てはまるかどうか確かめてみると不安が取り除けるかもしれません。

 

下位層入学者卒業生代表に!?

入学したとき、下から数えた方が早い生徒がいました。1年生の初めての中間考査では欠点を抱えてしまうくらいで、クラスの中でも下から片手の指で足りるほどでした。欠点有力候補でした。卒業まで大丈夫かと心配する成績でした。

 

それから、勉強方法について授業やHRで指導していきました。本人が意識するかしないかは別として、勉強する習慣も形成されるように持っていきました。毎日きちんと予習復習をするようになり、1年生は無事に欠点を取らずに済みました。

 

2年生からは私の手を離れたのですが、その後の定期テストでも安定して点数を取るようになり、勉強を続けている様子でした。クラブも積極的に取り組み、勉強も頑張って取り組んでいました

 

3年生になった頃大きく変化してきます。それまでの模試では中間層にいたのですが、徐々に上位層に食い込むようになってきました。特に好きな教科での成績は完全に上位層になりました。

 

そして、卒業生代表を選ぶとき、成績トップの人として選出されていました。驚きました。しかし、基本的な勉強方法が身につけ、コツコツと努力を続けた結果なので、当然のことでしょう。

 

この例は一例でしかありませんが、成績上位層になる人の共通点は、「日頃の勉強方法が確立され、コツコツと努力を続けることが出来た人」と言えます。

 

塾や学校での指導の中で、成績上位層には以上のような特徴がありました。

 



毎日続けることがとても大事!

勉強に関しては、学校に毎日通い、授業を受けます。その授業の受け方を大切にすること、予習復習などの学習習慣を確立することなどが大切になります。毎日受ける授業をしっかりと受けることが出来ないと、その分人よりも遅れていくことになります。高校の授業は何も準備をせずに受けるとそれだけで遅れが生じてしまいます。

 

先ほどの例からも分かるように、毎日コツコツと予習復習を繰り返し、授業を大切にして、定期テストでも高得点をマークしていくことが大切なのです。そのためには宿題などの平常点に繋がることも勉強していく必要があるでしょう。

 

この続ける力というのが非常に難しく、かつ重要な要素なのです。

 

続ける力について書かれている本があります。『やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける』という本です。

 


この本では基本的にアメリカの具体例が登場しますが、日本にも当てはまる部分が大いに成ります。やり抜く力としてあげられていますが、そこには毎日続けるというコツコツ努力することが書かれています。

 

成功する人の特徴として、コツコツ続けることがあげられているのです。しかし、そこには苦しい気持ちが伴いません。当たり前と思っていたり、むしろ楽しんで過ごしていたりすることが多いのです。

 

多少の我慢は必要かもしれませんが、それ以上に自分のやることを楽しむことが大切です。皆さんのお子さんが、勉強を自分ルールで決めて続けていたり、楽しみ方を見つけていたりすると非常に良い傾向にあると言えるでしょう。

 

逆に、やらされている感じが強いとよくありません。やらされている気持ちは効率を悪くします。自分から進んでやる方がいいのです。もちろん、自然とやっていることに越したことはありませんが、自分でやっていると思い込んでいてもいいのです。

 

なので、勉強していない姿を見て、「勉強しなさい」というのは逆効果です。余計に勉強しなくなります。自然と勉強するように勧めるか、自分自身でルールを決めて勉強するように手助けしてあげる方が効率的です。

 

毎日続けるというのは、最初はハードルが高いです。少しでも良いので始めることが大切です。多くの犠牲を払って続けることは難しいので、少しずつステップアップしていくようにしていきましょう。

 



さいごに

さて、今回は成績が伸びる子の特徴について書きました。基本的には「毎日続けること」が大切です。そして、それは強制されてするものではなく「自分でするもの」となることが大切です。

 

勉強しなさいと言われて成功しましたという話は聞いたことがありません。やる気を失う人がほとんどです。勉強の必要性に気づいたり、自分の目標を達成したいと思ったりしたときの勉強の成果はすごいものがあります。

 

お子さんの勉強していない姿を見ると、ついつい小言を言いたくなると思いますが、そこはぐっとこらえてください。注意するのではなく、自力で出来るように促したり、話し合ったりする方が効果的です。時間が掛かるかもしれませんがじっくりと向き合ってみましょう。

よかったフォローお願いします!

オンライン塾

オンライン塾をやっています。

「小論文」「小論文講座」「古文」「漢文」

現在展開中です。今後も随時更新していきます。

本サイトのメインです。どうぞご覧ください。