『古今著聞集』「刑部卿敦兼の北の方」




『古今著聞集』「刑部卿敦兼の北の方」

 

 

使用時期

高校1年生の教科書に載っている作品。説話集のまとまりの一つとして扱われます。

 

『古今著聞集』は橘成季によって編纂された作品です。約七百話あり、様々なジャンルまで広がります。

 

文法としては、助動詞が終了し、敬語の単元となっているが、そこまで行かないことが多く、助動詞の続きをメインにしながら、少し敬語を扱う程度。物語系を重視する場合、扱われないことが多いです。

 

本文

刑部卿敦兼は、みめのよに憎さげなる人なりけり。その北の方は、はなやかなる人なりけるが、五節を見はべりけるに、とりどりにはなやかなる人々のあるを見るにつけても、まづわが男のわろさ心憂くおぼえけり。家に帰りて、すべてものをだにも言はず、目をも見合はせず、うち側向きてあれば、しばしは、何事の出で来たるぞやと、心も得ず思ひゐたるに、しだいに厭ひまさりて、かたはらいたきほどなり。先々のやうに一所にもゐず、方を変へて住みはべりけり。

ある日、刑部卿出仕して、夜に入りて帰りたりけるに、出居に火をだにも灯さず、装束は脱ぎたれども、畳む人もなかりけり。女房どもも、みな御前の目引きに従ひて、さし出づる人もなかりければ、せん方なくて、車寄せの妻戸を押し開けて、ひとりながめゐたるに、更闌け、夜静かにて、月の光、風の音、ものごとに身にしみわたりて、人の恨めしさも取り添へておぼえけるままに、心を澄まして、篳篥を取り出でて、時の音に取り澄まして、

籬のうちなるしら菊も  うつろふ見るこそあはれなれ

我らが通ひて見し人も  かくしつつこそかれにしか

と、繰り返しうたひけるを、北の方聞きて、心はや直りにけり。それよりことに仲らひめでたくなりにけるとかや。優なる北の方の心なるべし。

 



現代語訳

 

刑部卿〔藤原〕敦兼は、容貌がひどく醜い人であった。その奥方は、派手で美しい人であったが、五節の舞を見ましたときに、さまざまに派手で美しい男性たちがいるのを見るにつけても、まず自分の夫の醜さが情けなく思われた。家に帰って、全く口さえもきかず、目を見合わせることもせず、つんとそっぽを向いているので、敦兼はしばらくの間は、何事が起こったのかと、わけがわからなく思っていたが、だんだんと妻は厭わしさが高まって、はたで見ていても気の毒なほどである。以前と同じように夫と同じ部屋にもいないで、部屋を変えて別々に住んでいました。

ある日、刑部卿〔敦兼〕が宮中に勤務に出て、夜になって帰って来たところ、出居の間に灯りさえも灯さず、装束は脱いだけれども、畳んでくれる人もいなかった。女房たちも、みな奥方の目くばせに従って、敦兼の前に出て来る人もいなかったので、敦兼はしかたなくて、車寄せの妻戸を押し開けて、一人でぼんやりともの思いにふけって外を見ていたが、夜が更け、静かな夜で、月の光や風の音が、一つ一つ身にしみわたって、妻の恨めしさも重ね合わせて思われた気持ちのままに、心を研ぎ澄まして、篳篥を取り出して、時季にふさわしい調子に澄んだ音色で吹いて、

籬のうちなる……籬垣のうちに咲く白菊も、色あせるのを見るのは、つらく胸にしみることだよ。

私のような者が通って結ばれたあの人も、花の色が変わるように心変わりして、花が枯れるように離れてしまったことよ。

と、繰り返し朗詠したのを、奥方が聞いて、(夫を厭う)心があっという間に直ってしまった。それ以来格別に夫婦仲が円満になったとかいうことである。風流を解する、優雅な奥方の心であろう。

 



リンク集

制作中

 

一覧に戻る

よかったフォローお願いします!

勉強法

勉強法について書いています。
同じ勉強時間であれば、効率的に行った方が有効です。

よくある事例から、効率的なやり方を紹介しています。
ぜひご覧ください!