『土佐日記』「門出」

『土佐日記』「門出」

 

 

使用時期

1年生の定番教材です。助動詞を学習しながら習う場合もありますが、紀行文という文体の文章の特性から、表現や内容について深く学ぶ場合が多いです。

 

『土佐日記』の作者は、紀貫之です。彼は男ですが、冒頭部分にあるように女性のふりをして書いています。これを「女性仮託」と言います。

 

このような方法をとったのは、当時の男性は漢文体で文章を書き、かな文字で記すのは女性のすることでした。かな日記という作品の特性上、女性が書いたように設定したということです。

 

しかし、本文を読めば分かりますが、明らかに紀貫之視点で描写されていることも多く、作者の顔が登場する場面を楽しむことも出来ます。

 




本文

男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。

それの年の十二月の二十日余り一日の日の戌の時に、門出す。そのよし、いささかにものに書きつく。

ある人、県の四年五年果てて、例のことどもみなし終へて、解由など取りて、住む館より出でて、船に乗るべき所へわたる。かれこれ、知る知らぬ、送りす。年ごろよくくらべつる人々なむ、別れがたく思ひて、日しきりに、とかくしつつ、ののしるうちに、夜更けぬ。

二十二日に、和泉の国までと、平らかに願立つ。藤原のときざね、船路なれど、むまのはなむけす。上・中・下、酔ひ飽きて、いとあやしく、潮海のほとりにて、あざれ合へり。

二十三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国に必ずしも言ひ使ふ者にもあらざなり。これぞ、たたはしきやうにて、むまのはなむけしたる。守柄にやあらむ、国人の心の常として、「今は。」とて見えざなるを、心ある者は、恥ぢずになむ来ける。これは、ものによりてほむるにしもあらず。

二十四日。講師、むまのはなむけしに出でませり。ありとある上・下、童まで酔ひしれて、一文字をだに知らぬ者、しが足は十文字に踏みてぞ遊ぶ。

 



 

現代語訳

 

男性も書くと聞いている日記というものを、女性である私も書いてみようと思って、書くのである。

某年の十二月の二十一日の午後八時ごろに、門出をする。その模様を、簡略にものに書きつける。

ある人が、地方に勤務する任期の四、五年が終わって、国守交替の事務引き継ぎなどもすっかり済んで、解由状などを受け取って、住んでいた国守の官舎から出て、船に乗る予定の地へ移る。あの人この人、知っている人知らない人、みなが見送りをする。ここ数年とても親しくつきあってきた人たちは、別れがたく思って、一日中、何やかやとしては、大騒ぎするうちに、夜が更けた。

二十二日に、和泉の国までは、無事であるようにと神仏に祈願する。藤原のときざねが、船路の旅であるのに、「うまのはなむけ(送別の宴)」を開く。身分の上中下の者みなが、すっかり酔っぱらって、本当に変なことだが、塩辛い海のほとりで、ふざけ合っている。

二十三日。八木のやすのりという人がいる。この人は、国司の役所で必ずしも命じたり召し使ったりする人でもないそうである。この男が、いかめしく立派な様子で、餞別をしてくれた。国守の人柄であろうか、田舎の人の人情の常として、「今となっては用もない。」と言って顔を出さないそうだが、真心のある人は、人目を気にせずにやって来たよ。これは、餞別の贈り物によってほめているわけではない。

二十四日。国分寺の僧侶が、餞別をしにお出ましになった。身分の高い者も低い者もすべて、子供までがすっかり酔っ払って、「一」という文字をさえ知らない者が、その足は「十」文字に千鳥足を踏んで遊び興じている。

 



リンク集

現在作業中

 

一覧に戻る

よかったフォローお願いします!

学校関係

教育に関する問題を取り上げて、私の意見を述べています。

基本的なデータに基づく記事から、ニュースソースを元に意見を述べている場合もあります。

色々意見はあると思いますが、一つの考え方だと思ってお読みください。