『土佐日記』「帰京」




『土佐日記』「帰京」

 

 

使用時期

1年生の定番教材です。助動詞を学習しながら習う場合もありますが、紀行文という文体の文章の特性から、表現や内容について深く学ぶ場合が多いです。

 

『土佐日記』の作者は、紀貫之です。彼は男ですが、冒頭部分にあるように女性のふりをして書いています。これを「女性仮託」と言います。

 

このような方法をとったのは、当時の男性は漢文体で文章を書き、かな文字で記すのは女性のすることでした。かな日記という作品の特性上、女性が書いたように設定したということです。

 

しかし、本文を読めば分かりますが、明らかに紀貫之視点で描写されていることも多く、作者の顔が登場する場面を楽しむことも出来ます。

 



本文

京に入り立ちてうれし。家に至りて、門に入るに、月明ければ、いとよくありさま見ゆ。聞きしよりもまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。「中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。」「さるは、たよりごとに、ものも絶えず得させたり。」「今宵、かかること。」と、声高にものも言はせず。いとはつらく見ゆれど、こころざしはせむとす。

さて、池めいてくぼまり、水つける所あり。ほとりに松もありき。五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ、かたへはなくなりにけり。今生ひたるぞ混じれる。おほかたの、みな荒れにたれば、「あはれ。」とぞ人々言ふ。思ひ出でぬことなく、思ひ恋しきがうちに、この家にて生まれし女子の、もろともに帰らねば、いかがは悲しき。船人もみな、子たかりてののしる。かかるうちに、なほ悲しきに堪へずして、ひそかに心知れる人と言へりける歌、

生まれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ

とぞ言へる。なほ飽かずやあらむ、またかくなむ、

見し人の松の千年に見ましかば遠く悲しき別れせましや

忘れがたく、くちをしきこと多かれど、え尽くさず。とまれかうまれ、とく破りてむ。

 



現代語訳

 

京の町中に入って行くのでうれしい。家に到着して、門に入ると、月が明るいので、とてもよく様子が見える。うわさに聞いていたよりもまさって、話にならないほど壊れ傷んでいる。家だけでなく預けておいた留守番の人の心も、すさんでいるのであったよ。「隔ての垣根はあるけれども、一つ屋敷みたいなものだから、(先方が)望んで預かったのだ。」「そうは言っても、ついでのあるたびに、贈り物も絶えずやってあったのだ。」「今夜、こんなありさまだ。」と(人々に)、大声で不平を言わせることはさせない。なんとも薄情だとは思われるけれども、お礼はしようと思う。

さて、池みたいにくぼんで、水のたまっている所がある。そのまわりに松もあった。五年か六年の間に、千年も過ぎてしまったのだろうか、松の半分はなくなってしまっていたよ。そこに新しく生えたのが混じっている。だいたいが、すっかり荒れてしまっているので、「ほんとにひどいね。」と人々が言う。思い出さないことはなく、恋しく思われることの中でも、この家で生まれた女の子が、一緒に帰らないので、どんなに悲しいことか。同じ船で一緒に帰京した人々もみな、子供がよってたかって騒ぐ。こんな情景の中で、やはり悲しくてたまらないので、そっと気持ちの通じ合っている人とよみかわしていた歌、

生まれしも……この家で生まれた子も土佐で亡くなって帰って来ないというのに、その私の家の庭に、小松が生えているのを見るのが、悲しいことだ。

とよんだ。それでもやはり言い足りないのだろうか、またこういう歌もよんだ、

見し人の……亡き女児が、松のように千年の齢を保っていたら、あの遠い土佐の国で、悲しい別れをしただろうか、いや、しなかっただろうに。

忘れがたく、心残りなことは多いけれど、書き尽くすことはできない。何はともあれ、こんな書き物は早く破ってしまおう。

 



リンク集

鋭意制作中

 

一覧に戻る

 

よかったフォローお願いします!

小論文とは?

小論文とは何か?作文との違いは何か?
どういう場面で使われるのかを説明します!