『伊勢物語』「筒井筒」




 

『伊勢物語』「筒井筒」

 

 

使用時期

『宇治拾遺物語』『竹取物語』で古文の初心者向きの話を扱い、用言の習得が終わった後に使われることの多い作品。文法としては助動詞が対象となりやすいです。ただし、助動詞の範囲は広いので、この一話で全ての助動詞が対象となることは少ないでしょう。

 

『伊勢物語』はいくつかの話が教科書に取り上げられることが多く、一話ごとに和歌がついているのが特徴と言えます。これは和歌物語の特徴です。そのことも知っておくと良いでしょう。

 

この説明は『伊勢物語』の「芥川」「東下り」「筒井筒」共通です。

 

 



本文

昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとに出でて遊びけるを、大人になりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、男はこの女をこそ得めと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ、

筒井筒井筒にかけしまろが丈過ぎにけらしな妹見ざるまに

女、返し、

くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれか上ぐべき

など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。

 

さて、年ごろ経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、河内の国高安の郡に、行き通ふ所出で来にけり。さりけれど、このもとの女、あしと思へるけしきもなくて、出だしやりければ、男、異心ありてかかるにやあらむと、思ひ疑ひて、前栽の中に隠れゐて、河内へいぬる顔にて見れば、この女、いとよう化粧じて、うちながめて、

風吹けば沖つ白波たつた山夜半にや君がひとり越ゆらむ

とよみけるを聞きて、限りなくかなしと思ひて、河内へも行かずなりにけり。

 

まれまれかの高安に来てみれば、初めこそ心にくくもつくりけれ、今はうちとけて、手づからいひがひ取りて、笥子のうつはものに盛りけるを見て、心うがりて行かずなりにけり。さりければ、かの女、大和の方を見やりて、

君があたり見つつををらむ生駒山雲な隠しそ雨は降るとも

と言ひて見出だすに、からうじて、大和人、「来む。」と言へり。喜びて待つに、たびたび過ぎぬれば、

君来むと言ひし夜ごとに過ぎぬれば頼まぬものの恋ひつつぞ経る

と言ひけれど、男住まずなりにけり。

 

 



現代語訳

 

昔、田舎で暮らしを立てていた人の子どもが、井戸の周りに出て遊んでいたが、大人になってしまったので、男も女も互いに恥ずかしがっていたけれども、男はこの女をぜひ妻にしようと思っていた。女はこの男を(夫にしたい)と思い続け、親が他の男と結婚させようとするけれども、耳を貸さずにいた。さて、この隣の男のところから、このように歌を贈ってきた、

筒井筒……筒型に掘り下げた井戸の井戸囲いの井筒と高さを比べ合った私の背丈は、井筒の高さを越してしまったにちがいないよ、あなたに会わない間に。

女が、返しの歌、

くらべこし……あなたと長さを比べてきた私の振り分け髪も肩より長くなりました。あなたでなくてほかの誰がこの髪を結い上げましょうか、いいえ、あなた以外にありません。

などと受け答えを続けて、とうとうかねてからの望みどおりに結婚してしまった。

 

こうして結婚して、何年かたつうちに、女は、親が死んで、生活のよりどころがなくなり、一緒に貧乏な状態でいられようか、いや、いられはしないということで、男は河内の国高安の郡に、通って行く所ができてしまった。そんなことになったけれども、この初めから暮らしてきた女は、不快に思っている様子もなくて、男を送り出して行かせたので、男は、女に浮気心があってこんな態度なのだろうかと、思い疑って、庭の植え込みの中に隠れひそんで、河内へ行ったふりをして見ていると、この女は、たいそうきれいに化粧をして、もの思いにふけって、

風吹けば……風が吹くと沖の白波が立つ、その竜田山を、夜中にあなたは一人で今ごろは越えているのでしょうか。

とよんだのを聞いて、男はこのうえもなくいとしいと思って、河内へも行かなくなってしまった。

 

ごくまれに例の高安に来てみると、初めのころこそは奥ゆかしくもよそおいをこらしていたけれども、今は気を許して、自分でしゃもじを取って、食器によそったのを見て、男はいやに思って行かなくなってしまった。そうであるので、その女は、大和のほうを見やって、

君があたり……あなたのいらっしゃるあたりをずっと見続けておりましょう。(だから、大和とこの河内との間にある)生駒山を、雲よ、隠さないでおくれ。たとえ雨は降っても。

と言って縁から外を眺めていたところ、やっとのことで、大和の国の男は、「行こう。」と言ってきた。喜んで待ったが、何度も来ないことが続いたので、

君来むと……あなたが来ようとおっしゃった夜は、毎夜毎夜むなしく過ぎてしまったので、あてにはしないけれども、(それでもあなたのことを)恋しく思い続けて日を過ごしています。

と言ったけれども、男は通って来なくなってしまった。

 

 



定期テスト対策問題

write

『伊勢物語』「筒井筒」の練習問題を作りました!

普段の勉強や定期テスト対策にご利用ください!

 

 

文法問題

用言の復習と助動詞の問題で構成しました。用言の復習には形容詞がいくつか入れてあります。動詞に比べると数が少なく忘れやすいので、思い出しておきましょう。

 

07a伊勢物語筒井筒文法

 

 

読解問題

本文が読めていれば答えやすい問題にしてあります。古典特有の省略されている所を問う問題を入れましたので、よく考えてみてくださいね。

 

07b伊勢物語筒井筒読解

 



リンク

新規ウインドウで開きますので、クリックで大丈夫です!

 

Wikipedia 伊勢物語

文学史としての情報や概要を知りたい人向け

 

伊勢物語ワールド

伊勢物語の全体を知りたい人向け。内容について詳しく考察されています。現代語訳もあるので、予習に使いやすいと思います。

 

 

よかったフォローお願いします!

小論文とは?

小論文とは何か?作文との違いは何か?
どういう場面で使われるのかを説明します!